社長挨拶

   2011年3月11日の東北震災・原発停止以降、日本国内の電力事情は様変りをしました。
現在の火力発電所及びその送電網も疲弊・老朽化し、火災・停電等の重大な事故が多く発生しています。
  
   今後電力需要者・消費者は、「電力は自らで確保する」時代に来ています。
この時代のニーズに応えるべく、弊社は安全・経済的・環境にやさしい常用・非常用発電機をご提供させて頂きます。 (Safety - Economy - Clean : SEC)
  
   一方、震災発生時には多くの発電機が起動しなかった現実があります。非常時に起動しない発電機は何ら意味を持たないばかりか、人命に係る重大な事故にも繋がりかねません。
弊社は皆様のために、メーカー不問で発電機保守・整備をどこよりも安価に提供させて頂いております。
  
  
   弊社のもう一つの事業である「国際部門」は、主に日本プラントメーカーが海外に建設した電力・製鉄・石油化学プラント機器の保守用部品を輸出供給しています。
また日本の優良な遊休不要設備等を発展途上国へ移転・再販輸出しており、海外企業様から大きな信頼を頂いております。
多種多様な商品に応えるべく、変化する国際情勢に対応、複雑な貿易実務・決済など多岐に渡るご要望に専門スタッフが丁寧に対応致します。
  
   京和物産は2006年創業以来、「お客様の声を第一に」をモットーとし、社員一丸で歩んで参りました。
「和」・「誠」・「挑戦」 を基本に、今後益々お客様、社会に貢献して参ります。
 
  
  
                                  代表取締役 金子信男














(C) 2008-2017 Copyright Kyowa & Co., Ltd., Japan